歌詞

歌詞

昨日、知人の女性と食事に行きました。

はんなりとした物腰が印象的な、私と同世代の方。この方が醸し出す雰囲気には不思議なくらいに嫌な匂いがなく、その頭の中をのぞいてみたいと知り合った頃から興味を持っていました。

お話をしてみると、今時ではないとても古風な感覚の持ち主で、彼女の周りだけ空気が違うのが分かります。

この日はちょうど一人でドライブしていた事もあって、一人で食事できるようなお店をご存知ないかと連絡をしたところ、お相手も食事を考えていたタイミングだったので、ならご一緒しましょうという流れになったのです。

知り合ってから数年が経ちますが、あまりきちんとお話した事はなく、ライブにちょくちょく足を運んで下さったり、たまにメールを頂いたりする程度のお付き合い。

先日、ひょんなきっかけから、音楽では随分お世話になっているアレンジャーの先生にご紹介したところでした。

「彼女の感性は面白い」と私の前でもしきりに話していたのですが、その話の流れで彼女に歌詞を書くよう依頼したと連絡があった時は、本当に驚きました。

彼女の歌詞に、私の歌、そして先生のピアノで曲を作ってみるという、ちょっとしたプロジェクト。

当初は二人でスタートしたものが、いつの間にか作詞者が増えています。

驚きはあったものの、私も彼女の感性に大きな興味を持っている一人。

どんな歌詞が出来上がってくるのか、とても楽しみにしていました。

「書いてはみたんですけど・・・あの、恥ずかしくて・・・。」

1週間くらい経ったある日、3人で会おうという事になり、その席で「歌詞はどうですか?」と先生が聞いた時に返ってきた答えでした。

いくら促しても見せてくれない。

無理に見せてもらってもなんだか申し訳ないので、結局この日はお目にかかる事はできず、そのままお開きに。

今回の食事では、その話はできるだけ触れず、違う話題を楽しみながら、2時間程度でお別れする事になりました。

「では、またご都合が合えばお付き合いください」

そう言って別れようとした時、彼女がバッグから封筒を取り出します。

「あの、本当に恥ずかしいんですけど、書いては捨て、また書いては捨て・・・で、2つだけ持ってきました」。

美しい和柄の封筒に丁寧に包まれたそれを受け取り、帰宅する私。

早速自宅で封筒を開いてみると、想像していた通りの達筆で歌詞が書かれています。

「かの日 かの人 口ずさむ 甘やかな 柔らかな 藍色の言の葉 私は囚われし その言霊に 心包まれ 瞳閉じる」

あまりに素直なその歌詞を目にした時、「果たして、私なんかに歌えるのか・・・」と疑問が湧いてきました。

今日は先生に会う約束の日。

この歌詞に、曲が付いて・・・。

楽しみな反面、これは違う歌い手が歌った方がいいんじゃないの?と思えてなりません。

脱毛ラボ

大勢がくる日の献立

わが家は狭い一軒家ですが、小さな庭さきから神宮の花火がとてもよく見えます。なので毎年、10数名の客を招いて「花火の宴会」を開いています。

宴会の掟はただひとつ「自分の飲み物は持参してください」だけ。

うちは乾杯用の缶ビールぐらいと氷だけはたくさん用意し、あとは食べ物の担当です。

去年の献立はこんな感じでした。

大勢の来客をもてなす時などのご参考になればと思います。

○枝豆とスナップエンドウ

大きなカゴに茹でて塩をまぶした枝豆と茹でたスナップエンドウを盛る。そばに小鉢にいれたマヨネーズと味噌をまぜたディップを。

○カレー風味のマカロニサラダ

ゆで卵とくるみをいれたマカロニサラダ。マヨネーズで混ぜるときにカレー粉をたっぷり加えます。

○きゅうりサラダ

さっぱりと。皮をところどころむいたきゅうりは適当な大きさに切ってごま油と塩をかけてなじませておきます。

○人参とツナのサラダ

千切りの人参にツナ缶とひよこ豆。イタリアンドレッシングでマリネして冷蔵庫で冷やしておきます。

○焼豚

赤みそと多目の砂糖、おろしにんにくとショウガ、醤油のタレにつけこんだものをオーブンで。肩ロースを使うことがおいしさの秘訣です。

○ひとくちフライ

小エビ、マッシュルーム、ジャガイモなどひとくちサイズで。衣は細かいパン粉にパセリと粉チーズを混ぜたもの。そばにケチャップと粒マスタードをまぜたソースを添えましょう。

○ミニハンバーグの煮込み

ハンバーグは市販のタネで簡単にしても。てのひら半分ぐらいのサイズにして20コぐらいは作り、焼いてからトマト缶とデミグラス缶、安物でいいので赤ワインたっぷりで煮込みます。煮込むときに、別のフライパンで焼いたズッキーニやナス、黄色のパプリカなどをたくさん加えるとボリュームもアップします。かなり煮詰めて大きな鉢などにたっぷりと盛りつけます。

○ガーリックトースト

○チーズパンやハイジパンなどいろいろ

○いなりずし(これは買ってきたもの)

皆さん、持参するのはビールあり焼酎あり赤ワインあれば紹興酒なんて人もあって(笑)

どんなお酒でも、年齢層の違う人(例えばお子さんとかでも)でも、なにかしらつまめる、好きなものがあるようにバラエティに富む献立にするよう気をつけています。

また、あまり手をかけすぎるとこちらがバテてしまうので、主食となるパンやいなりずしは購入したもので。小腹を満たす、こういうモノがあると安心です。

ホンダCR-Zセレナ