男のスーツ論

男のスーツ論

ビジネスにおける「制服」には様々な要素が詰まっていますね。

職業によってそれぞれに棲み分けられ、社会的な自己のポジションや職種を大分類するひとつの目安としても機能しているように感じます。

大工さんには大工さんの、カフェの店員さんにはそれなりの、機能性もさることながら、その職業が持つイメージの演出にも一役買っているのが「制服」でありビジネスにおける「ドレスコード」のようなものではないでしょうか。

私のような職種では、特に服装に決まりがないのでスーツを着用して仕事をしている人はほとんどいません。

打ち合わせにはジャケットは着用して行きますが、それ以外は実にカジュアルで、チノズに柄シャツなど、不潔でなければ何でもありというのがこの業界のスタンダード。

以前はかっちりとスーツに身を包み、打ち合わせはもちろん休日もノータイでセットアップスーツなんて服装を好んでいました。

スーツを着ないと落ち着かないなんて、ちょっと変わっていますが、あまりカジュアルな服装をしない生活をしていると、カジュアルウェアを着ようとした時、何を着ていいのか分からなくなるのです。

そういうスーツやジャケットを着なくなったのは、昨今トレンドの「スリムフィット」したスーツが流行してから。

この流れも少しずつノーマルなものに戻りつつあるようですが、どうもあのパツンパツンな感じが窮屈でたまらない。

ある日、スーツを新調しようとお店に行った時に出されたスーツを試着したところ、あまりにピッチリとフィットし過ぎるので「サイズ間違ってるんじゃないか?」と思ったほどでした。

「こういうのが最近の流行なんですよ。よくお似合いですよ!」

おだてに乗るほど単純ではない私は、すぐに違う店に行き、いつも着慣れたスーツを探しますが、見つけるまでに何軒のお店を彷徨った事か・・・。

苦労して、ようやく手に入れた新品のスーツを着て街を歩いてみると、いわゆるトラッドな型のスーツを着ているのはご年配の型ばかり。

若者や同世代の男性は、トレンドをしっかり取り入れて、ピチピチスーツを颯爽と着こなしている。

それを見ると、私の新品スーツはどこか時代に乗り遅れた感が満載で、しかし、だからといってあのピチパツ感、どうにも着る気持ちになれない。

これが私がスーツを着なくなった大きな理由ですが、世の中の男性には同じようにお考えの方もきっといらっしゃる事でしょう。

作業着とは違い、ファッション要素も大きなポイントとなるスーツですが、私の中ではあくまで仕事着なんですね。

その仕事着が、本来の役割を果たさず、ただトレンドやファッション性のみが持ち上げられてしまうと、これは如何なものかと感じてしまう。

足が長く見える、ほっそりとシャープに見える、これも大事なのかもしれませんが、もっと本質を掘り下げてみると、仕事に必要なものは何なのか見えてくるような気がします。

「あなた、タレントで飯を食っていくおつもりですか?」

そういう意味でも、仕事観そのものがすこし歪んでいるように感じるような気がします。

脱毛 池袋脱毛サロン

増える増える化粧道具

1度、旅行先のホテルについて化粧道具一式をすっかり忘れてきたことに気づいて青くなったことがある。

とはいえ出かけた先は何もアフリカの奥地でもなく、海沿いのリゾートホテルだったので、当時まだ恋人であった夫にコソコソと「ちょ、ちょっと忘れ物があるから買って来る」と伝えて、フロントでタクシーをよんでもらい、一番近い駅前の大手スーパーに駆け込んで、とりあえず必要最低限の化粧道具を購入した。

必要最低限、とはまず第一に眉墨である。

これは多くの女性の共通することであろう。私の眉はへたくそなカットのせいか、薄毛のせいか、眉墨で書かない限りは目の上半分ぐらいでなくなるというお公家さん状態になる。これはまず絶対に耐えられない。ちなみに恋人時代はお泊まりのときでも私は化粧じたいは落としたが、寝る前にもう一度、眉は書きなおしたものである。

それとファンデーション。本来なら下地を作り、リキッドファンデーションを塗り、シミをカバーして、最後にパウダーを叩くという何十構造の肌なわけだが、削りに削って、やはりファンデーションは必要だ。ましてリゾートホテルなどプールサイドに寝そべるわけで素肌で勝負できるわけもない。

それに安物のアイシャドウのセットを買った。中学生向けぐらいの安いやつだ。さらにマスカラ(これは高校生向けみたいなやつ)と口紅。

まぁこのぐらいでなんとかなるといえば、なんとかなる。

このことをちょっと思い出しながら、来週行く予定の夏の家族旅行の荷物を整えていた。

絶対に忘れてはならぬと思いつつ、化粧道具をおおきめのポーチにいれる。

しかし化粧は旅行当日の朝にも使うわけで、せっかくこんなふうに準備しても、そのポーチじたいを忘れてしまわないよう充分に気をつけねばならない。

それにしても、と私はポーチに化粧道具をいれながら思った。

なんとまぁ、20代前半の頃より化粧パーツの増えたことだろう。肌のシミは年々濃くなり、それを隠すためのテクニックにあわせて使う道具も数種類に増えた。

たるんだ肉とのっぺりしてきた印象を補おうとノーズシャドウをいれたりハイライトを加えたりするから、濃い色に光る色に白いのにと、ファンデーションをカバーするものだけでも数種類ある。マスカラも上用、下用とあれば、アイラインも筆タイプに鉛筆タイプとある。

口紅も普通の色みの他に、少しでも「艶やかさ」アップしたくて、グロスの類もある。

カバーしなくてはならないものが増えに増えて、今、私が化粧道具を忘れてホテルなんぞで気づいたら、まったくひどい散財をして買いそろえるハメになるだろう。

絶対に、化粧道具を忘れてはならぬと再び、固く誓った私である。

脱毛 額